【超絶朗報】iPhoneに‟隠しコマンド”が発見され話題に!みんなもやってみて!!

これはスゴイ!(´゚д゚`)

iPhoneの電波強度は通常、

5段階の「●(黒い丸)」で表示されます。

電波が強いと「●●●●●」で、

弱いと「●○○○○」のような感じです。

20140731073638

実はこのiPhoneの波表示を

数値化する方法があります(゚Д゚)ノ

その裏技コマンドがこちら↓↓↓



まずは電話アプリを起動して、

「*3001#12345#*」へ発信します。

ホーム画面から電話アプリを

タップ>>タブをキーパッドへ切り替え>>

「*3001#12345#*」と入力して

発信をタップ、の手順で進みましょう。

iphone-reception-setting-technic-fieldtest-1-1024x819


「*3001#12345#*」へ発信すると、

Field Testという画面が表示されます。

この画面が表示されると、一時的に

左上に表示されている

電波強度のアイコンが数値に変わります。

このままホームボタンを押して戻っても、

設定は変更出来ませんので

注意してください。

iphone-reception-setting-technic-fieldtest-2-1024x819


ブルマって本当は〇〇に使われるって知ってた?

(詳細はタップ)

Field Testが表示されたら、

スリープ/スリープ解除ボタンを長押しします。

しばらくすると、電源OFFの画面に切り替わります。

電源オフ画面が表示されたら、

スリープ/スリープ解除を離します。

次にホームボタンを長押ししてください。

5秒ほどホームボタンを長押しすると、

ホーム画面に戻ります。

これで設定は完了です。

アイコンだった電波強度の表示が、

数値に変わっています。

iphone-reception-setting-technic-fieldtest-3-1024x819



最後に電波表示を数値にした場合の、

強弱の見分け方です。

電波は、-51〜-121の

範囲内で表示されます。

-51=電波強

-121=電波弱

数値が少ない方が電波が強い、

と覚えておくとよいでしょう。

(マイナスは忘れてください)

iphone-reception-setting-technic-fieldtest-5-1024x819

いかがでしたか?

知らない人からは

「えっ、なんで電波が数字なの!?」と、

きっと驚いてもらえると思います。

iphone_radio_waves_convert_into_numerals_3


「iPhoneをなるべく自分らしく

カスタマイズしたい」

「iPhoneの電波環境を詳しく知りたい」

という人は、設定を変更して

おくとよいでしょう。(/・ω・)/

全文がこちら:http://smatu.net/2017/07/12/iphone-reception-setting-technic-fieldtest/

これを見たネットユーザーの反応は・・・

『キッズが喜びそうな裏ワザだな』

『なおiOS11ではできない模様』

『アンドロイドは出来るみたい』

『これ昔流行ったなぁ!懐かしい』

『電波強度確認するのに
ガチで使えるよな』

『いやいや、今さらだろw』

『確かに隠しコマンドだわ』
『すげぇ!!』
『本当にできた』
『これは知らない奴に使えそうw』

どうした?無言で変顔なんかして

全然おもしろくないから普通にしてていいぞ。

an〇roidの方がもともと色んなカスタマイズできるだろうが!

それと変顔なんかしてねぇよ!

i〇hone Xに勝てると思ってんの?

全画面液晶に最先端のフェイスIDやぞ?

いやぁ・・・

これからのスマホの進化が楽しみですお・・・。

そうだな・・・。

よかったらシェアしてください!

フォローお願いします

コメント

  1. 塩鮭 より:

    今更かよ