愛されたい!彼とのスキンシップを増やすコツ

スキンシップを絶やさない恋人同士はずーっと仲良くいられそうですし、結婚後もうまくやっていけるでしょう。
彼とのスキンシップをもっと増やしたい、もっとラブラブしたい!と思っているそこのあなた。コツを紹介しますね。

神アプリ
おすすめ
絶賛配信中
人気爆発中
楽しさ満点

さりげなくさわる頻度を増やす

男性にとって、女性に触るのって割と勇気がいる行動なんだそうです。
たしかに、彼女でない女性に触ってしまっては、セクハラや痴漢と訴えられてしまうかも?女性には気やすくさわってはいけない、という思い込みが働いているのでしょうか。
とはいえ、付き合っているのにスキンシップが足りないのは切ないですよね。女性側から「もっとさわってよ」と言うのも恥ずかしいですし。
そんな時には、まずはさりげなくあなたから彼を「さわる」機会を増やしてみましょう。肩だったり、背中にそっともたれかかったり。そうしていけば、彼の方も「このぐらいならいいのかな」と思ってくれるでしょう。
べったりとくっつくスキンシップを一回するよりも、ちょっとしたふれあいを10回する方がハードルも低くないですか?
まずはスキンシップの「頻度」を高めていきましょう!

★★★★★
おすすめ
神アプリ
人気爆発
絶対おすすめ

彼とのスキンシップを喜ぶ

男性が女性にスキンシップをはかって「やめてよ!」と言われたらどうなると思いますか?
それを本気の「やめてよ!」ととるか、照れ隠しの「も~やめてよ」と取るか…。
女性側としては恥ずかしくて後者のつもりで言ったのに、男性側はやっぱり「やめて」と言われると躊躇してしまうみたい。スキンシップを増やしたいのなら、彼に触られたときにはちょっと恥ずかしくても素直に喜んだ方が◎。
「あなたに触られるのは嫌じゃない」ということをわかってもらいましょう。

高評価はこちら
人気NO1
おすすめ
おすすめ
評価【神】

彼が好きなのはどんなスキンシップなのかを探る

ぎゅっと抱きつくよりも、手を繋ぐ方が好き。
向かいあって話をするより、腕の中に彼女をだきしめながらの方が好き。
人によって好みのスキンシップは変わってくるので、彼はどんなスキンシップを好んでいるのかを探ってみることも大切でしょう。
男性は意外と「こうしてほしい」という希望を彼女に伝えてひかれたらどうしようと不安に思っているところがありますから、あなたのほうから「こういうのは好き?」と聞いてみるのも良いかもしれませんよ。

301人が気にいってます
98人がいいね
おすすめ
おすすめ
おすすめ

 

スキンシップは恋人同士の間に安心感やリラックスを与える効果があると言われています。
彼と触れ合っている時間はだって幸せですよね。
そんな幸せの時間を今よりももっと増やして、ぜひふたりの仲を深めていってください。

新着記事
おすすめの記事