あなたはやっちゃってませんか?男性に対する「間違った尽くし方」

男性は自分に尽くしてくれる女性が大好きです。
おおきな愛情を感じて、「この子を大事にしなきゃ」という思いが芽生えるでしょう。
ですが。
間違えた尽くし方をしていると、重荷になったり雑に扱われるようになりかねません。
今回は、「男性に対する間違った尽くし方」をご紹介しましょう。

あなたにおすすめ
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆

自分でできること、なのにやってしまう

男性に尽くすうえで一番注意しなければいけないポイントは、なんでもかんでも女性側がやりすぎてしまわないということ。
彼のことを好きだからこそ、何でもやってあげたくなるのでしょうが、やりすぎは二人の関係性をおかしくさせます。
子供じゃないんですから、自分でできることは自分でやらせるようにするべきです。なんでもかんでもあなたがやっていると、一人じゃ何もできない「ダメ男」を育てることになります。
貴方がしていいことは、さりげない気遣いや困っているときのサポートのみ。そうすると、男性からも「大切な存在」と思われるようになりますよ。

301人が気にいってます
98人がいいね
おすすめ
おすすめ
おすすめ

お金の工面をしてあげる

お金の工面は、「男性に尽くす」というレベルをとうに超えてしまっています。
1000円2000円程度なら…と少量の金額で心揺れるかもしれませんが、一度貨してしまえばあとはもう金額がどんどん大きくなっていくのみと思っていましょう。
最悪の場合、あなたは金づるに認定されてしまうかも。
お金に関しては、どれだけ彼のことが好きであろうと甘やかすことはタブーです。

高評価はこちら
人気NO1
おすすめ
おすすめ
評価【神】

彼に対して反論をしない

自分の意見に否やは言わず、黙って後ろをついてくる従順な女性。男性には実に都合がいいでしょう。
ですが、そういった女性たちはすぐに飽きられてしまったり、ぞんざいな扱いを受けてしまいがちです。
反論や口答えを一切しなければ、「都合がいい女」認定されてしまうかもしれません。
かといって彼の意見を頭ごなしに否定したり、一切聞く耳持たない!というのはよくないのです。
要は、自分の意見をきちんと持って、それを発信できるような女性でいなければ、恋人と対等な関係でまっとうな恋愛はできないのではないでしょうか。

★★★★★
おすすめ
神アプリ
人気爆発
絶対おすすめ

やってあげている感を出す

「私はあなたにこれだけやってあげてるのよ」といった見返りを求めるような尽くし方は男性の心には全く響きません。
むしろ、「いや、頼んでないし」と嫌がられることの方が多いでしょう。
私が大好きなあなたのために「やりたくて」「自分のために」あなたに尽くしているんです、という前提を忘れないようにしておきましょう。

神アプリ
おすすめ
絶賛配信中
人気爆発中
楽しさ満点

絶対にNGな尽くし方は、なんでもかんでもやってあげてしまうこと。
結果的に一人では何もできない・しない「ダメ男」を育て上げることになりますから、尽くすにしても考えて尽くしましょうね。

おすすめの記事