付き合いが長くなってくると、なんとなくお互いの存在に慣れきってしまって空気みたいな存在に感じたりなんだり。
つまりはマンネリですね。
でも男性にいつまでも大事にされていたいですよね。
彼女を大事にしようと思った出来事をご紹介します。

あなたにおすすめ
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆

交流関係に理解を示してくれる彼女

休みの日なんかは彼とできるだけ一緒にいたいと思う女心ですよね。
ですが、彼ともっと一緒にいたいという自分の思いだけを優先してしまい、彼が家族や友人と過ごすことにNGを出したり、口では良いよと言っておきながらも顔や態度には不満が出ていたりしませんか?
あなた以外の人との時間も大切にしているということは、他人を大事にできるという彼の立派な長所です。「楽しんできてね」と一言伝えて快く彼を送り出してあげましょう。
彼の価値観や時間を尊重してあげることが大切です。
ただし、本当に一緒にいてもらいたいときや記念日やイベントの日には彼女を優先してもらうようにしておかないと、あなたが彼に合わせすぎてもストレスになってしまいます。
どんなときでも物わかりの良い彼女でいる必要はありませんよ。

301人が気にいってます
98人がいいね
おすすめ
おすすめ
おすすめ

大事な場面では芯の強さを持っているとき

遠距離恋愛などで彼と物理的に距離ができてしまった時に、「離れたくないよ」といつまでもグジグジと泣かれてしまうと彼も困り果ててしまうでしょうし、仕事と彼女のどっちをとればいいのとも悩んでしまうかも。
最悪なケースとしては、「じゃあ別れよう」なんてなってしまうかもしれません。
そんな時に、「わかった。寂しいけど頑張るね」と離れていてもつながっていようとする覚悟を決める女性には男性は心を掴まれるもの。
普段は甘えん坊な面が多い女性が、ぐっと覚悟を決める姿に男性の胸はぐらつきます。
「やる時はやる彼女」な面を見せることは大事ですよ。

高評価はこちら
人気NO1
おすすめ
おすすめ
評価【神】

別れを告げられた時

交際が続いていても、結婚を決めてくれない優柔不断な男性は多いもの。
業を煮やした女性側が、「もういい。次の人探すから」と新しい恋愛に踏み切ろうとすることもあるでしょう。
そういう時に、男性側が「彼女を手放していいのか」という思いに気が付くことも多々あります。
もちろん、そのまま本当に別れてしまうこともあるでしょうから、「別れる」という手段は最後の方法と思っておくべきですが…。

★★★★★
おすすめ
神アプリ
人気爆発
絶対おすすめ

 

彼にいつまでも大事にされる女性であるためには、求めるばかりではいけません。愛情はギブ&テイクも大事なものですよ。

 

 

 

 

おすすめの記事