恋活アプリの虎の巻。上手くいかないと思うなら参考にしてください♪

周囲の同年代が結婚しだしたり、
恋人いない歴が更新されていったり、
悩める婚活世代の男女にスマホひとつで手軽に出会いを探せる恋活アプリは人気ですね。
実際に恋活アプリを通じて結婚した、という声もちらほらと聞かれるようにもなっていますね。
ですが一方で、「マッチングはしても恋愛にまで発展しない」という意見も多いところです。
では、なぜうまくいきにくいことが出てくるのでしょうか。

あなたにおすすめ
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆

「純粋な」興味や恋愛感情を持ちにくい

恋活アプリを使用する方の動機はほとんどが、「日常生活の中で出会いがない」「自分の好みのタイプとなかなか出会えない」というものでしょう。
恋人に求める「条件」と顔写真などの限られた「情報」だけで恋人候補を探すシステムは結婚相談所と差異がありませんね。
純粋に職場や学校などでお互いに心惹かれて恋愛に発展していくパターンとは違って、言わば「品定め」状態で出会った男女ですから、「条件」というフィルター越しで相手を見てしまうようになるのはある程度仕方のない事でしょう。
そしてその条件に合ってはいても、感覚的に「あれ、ちょっとこの人とは合わないかも」と思ってしまうと、相手が魅力的には思えなくなってしまうのです。

301人が気にいってます
98人がいいね
おすすめ
おすすめ
おすすめ

「相手は他にもいる」と思いやりとりをすぐ終わらせる

恋活アプリはたくさんの人が登録しています。
マッチングしてやりとりをしている異性が、あなたとだけやりとりをしている…という可能性は当然ですが低いでしょう。あなたもそうでしょうが、複数の異性とメッセージの交換をしつつ「この中から誰にしようかな」と常に選んでいる状態でしょう。そして誰でも、「この人とうまくいかなくても他にもいっぱいいるしね」という考えになってしまいがちです。
リアルで会っていれば「このぐらいは相手に合わせようかな」という考えもなく、「合わない!いいやもう、次いこ、次!」という流れになる傾向があります。

高評価はこちら
人気NO1
おすすめ
おすすめ
評価【神】

会話は表面的になりやすく、相手のことを知りづらい

条件を通して出会うのではなく、最初から心惹かれて恋愛関係になった間柄なら、相手の嫌な部分が目に見えてきてもある程度は受け入れることができますよね。
ちょっと癖のある性格だったり、家庭環境だったりの少し重くなりがちな話を相手から聞いたとしても、最初から相手に恋愛感情を持っていればそれも受け入れることができるでしょう。
しかしながら、恋活アプリは相手の話を「え、そうなの…?」と思ってしまうと、すぐにやりとりを終わらせることがリアルよりも簡単にできてしまいます。
相手に自分をよりよく見せようと思い、会話もそつのない当たり障りのない表面上のモノだけになってしまい、相手の深いところを知ることが難しい。そういった点が後々のトラブルを引き起こすこともあるのです。

★★★★★
おすすめ
神アプリ
人気爆発
絶対おすすめ

 

恋活アプリは、恋人や結婚相手を簡単に見つけられそう、と思いがちですが実際にリアルな恋愛と同じかそれ以上に難しいものであることを忘れずにいるべきだと思います。それを理解してアプリを使うのと、「簡単なんでしょ」とおもいながらアプリを使うのとでは、結果ががらりと変わるかもしれませんよ。

おすすめの記事